9. 岩融

 

<モチーフとなった刀剣>

義経記」で武蔵坊弁慶が振るったと記される薙刀

 

・三条宗近がうった薙刀とされ、刃の部分だけでも1m以上だといわれている

・三日月のように反り返った刃を持つと称される

・名の由来は不明。弁慶は「岩透」という太刀を佩いていたとされるが繋がりは不明