31. 平野藤四郎

<短刀 銘:吉光(名物:平野藤四郎)>

鎌倉時代

・粟田口藤四郎吉光 作

・山里御文庫(宮内庁)所蔵

享保名物帳

・皇室御物

 

享保名物帳」の副本の1番目に記載される。

その出来から吉光の白眉ともいわれ、皇室御物であり上皇后の御枕刀として使われる。

 

<作者>

粟田口吉光によって打たれた短刀の中では最も大振り。

 

<名前の由来>

安土桃山時代の武将で淀城主・木村重茲が摂津の商人・平野道雪から入手したことから名付けられたとされる。

 

<来歴>

木村重茲から豊臣秀吉に献上され、前田利家の嫡子・利長が拝領した。

 

1605.06.28に利長から徳川忠秀へ献上されたが、

1617.05.13に利長の嫡子・利常が再び拝領した。

 

以降、前田家に伝来した。

 

1882年に前田家より明治天皇に献上され、皇室御物となった。